2018.06.01

 K-1×Krushモバイルで毎週金曜日に更新する「関根勤の部屋」。K-1公式サポーターを務める関根勤さんがK-1・Krushの魅力をたっぷりと語り尽くすこのコーナー。今回は関根さんが「K-1 WORLD GP」6.17(日)さいたま大会の見所を語ります!

「決勝の勝敗予想も決めなくちゃいけない?(笑) うーん……やっぱり小澤(海斗)選手は村越(優汰)選手に消耗させられてるはずだから、西京(春馬)選手かな。2回勝ってるというデータもあるわけですし。

 あえて大穴を一人、挙げるとすると、朝久(裕貴)選手かな。朝久選手が1回戦で西京選手に勝てば、これは一気に行くと思いますよ。やっぱり、西京vs朝久の結果次第で、トーナメント全体がガラリと変わる予感がしますねえ。

 このトーナメントに勝ったら武尊選手の後を受け継ぐ第2代王者ということにもなるわけで、優勝者にはトーナメント3試合のうち、2試合はKOで決めてほしいですね。3試合全部とまでは言わないので(笑)、2試合はKOして優勝してほしいな。

 外国人勢もね、遠い海外からやってきて、「ここで一発当ててやろう」という気持ちも強いだろうし、そもそもトーナメントはみんなダメージを少しでも負わないで上がっていきたいから、最初からガンガンいくと思うんですよ。だから全体に、テンポの速いトーナメントになるんじゃないかな」