2017.12.09

K-1・Krush・KHAOSで繰り広げられる激闘の数々から気になる選手をピックアップし、K-1 JAPAN GROUPサイトでしか読むことが出来ない独占インタビューを公開。今回は11.23K-1さいたま大会の初代K-1ヘビー級王座決定トーナメント優勝 アントニオ・プラチバットが登場します!

――プラチバット選手の精神性は柔道の影響もあるのですか?

「どうだろう。もちろん柔道から学んだものもあるけれど、自分はもともと礼を重んじる性格だったと思うよ」

――プラチバット選手はずっと同じジムでトレーニングされているのですか?

「まだ自分が格闘技を始めた時にはAmeno Gymが出来ていてなくて、最初は違う場所でトレーニングをしていた。ただクロアチアではいいコーチに出会うことが出来なくて、『私はK-1のコーチだ』や『私はボクシングを教えることが出来る』という人間は多いんだけど、実際に教わってみると……的確な指導をしてくれる人間が少なかった。でも今はAmeno Gymで素晴らしいコーチたちに出会えて、そのおかげで今の自分がいると思う」

――プラチバット選手の武道家らしい振る舞いや発言は日本のファンにも好印象だと思います。これから日本でどんな活躍をしていきたいですか?

「日本のファンは本当に素晴らしい人たちばかりだ。みんなにメッセージを送るとするなら、ファンのみんなには私の試合を楽しんでもらいたいということ。そして夢や希望を持ち続けていれば、それは必ず実現するということだ。なぜなら人生は「生きたいように生きる」もので、そうしないともったいないからね。またすぐに日本に戻ってくるから(※後日、3.21「K'FESTA.1」への参戦が正式決定)、その時はまたアントニオ・プラチバットの試合を楽しんでほしい」