2018.06.12

こんばんは!
K-1ジム相模大野KRESTの渡辺雅和です。

今回は「チャンピオンになるための練習」について書きたいと思います。
我々KRESTでは、2か月の一度のペースでトライアウトを行い、そこでの合格者にはKRESTのプロコースに参加できる資格が与えられます。

トライアウトをやっていて感じることは…最近の若い選手は、テクニックは上手いが、スパーリングから逃げるため 「マラソンファイター」が多いということ。1ラウンドから最終ラウンドまで淡々と闘うため、見せ場がなくそのまま試合終了。なにも攻撃をもらわけなければ、ドローもしくは負ける。そんな選手が多いような気がしています。

KRESTでは…

・シャドーも手を抜けない
・ミット打ちも手を抜けない
・マススパーリングも手を抜けない
・勿論スパーリングも手を抜けない

その全てが揃わないと、チャンピオンにはなれないと思っています。

K-1に出るためにKRESTに来るのではなく、K-1のチャンピオンになるために、KRESTにきてほしい。今回はジムワークでしたが、まだまだ書きたいことはあります。

それでは次回のコラムをお楽しみに!