2019.10.19

K-1・Krush・KHAOSで繰り広げられる激闘の数々から気になる選手をピックアップし、K-1 JAPAN GROUPサイトでしか読むことが出来ない独占インタビューを公開。今回は「K-1 KRUSH FIGHT.105」9.16(月・祝)後楽園大会で新王座に就いたK-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級級王者レオナ・ペタスが登場!

――試合前はこの試合に集中すると発言していましたが、改めて今後のK-1のベルトや武尊戦に対する想いを聞かせてください。

「K-1のベルトも絶対に獲りたいと思っています。かと言って今すぐ武尊選手と…というのは、まだK-1でそんなに実績を積んでないんで。K-1のチャンピオンは一番上にいる選手で、誰もが分かるように周りのヤツを全部倒せばチャンピオンしか残らないと思うんで。そういうところで他の選手を全部倒して、チャンピオンとやるという最高の舞台を作りたいなって思ってますね」

――新しくスーパー・フェザー級に階級を上げてくる選手もいるが、今後KRUSHのチャンピオンとしてどんな戦いを見せて行きたいですか?

「僕はこのベルトを誰にも渡す気はないんで。まあスーパー・フェザー級のチャンピオンは第9代で終わると思っているんで。これでチャンピオンが替わることはないんで誰でも来いっていう感じですね」

――それでは最後にファンの皆さんへメッセージをいただけますか?

「昨日はベルトを獲ることが出来たんですけど、これに驕らずまだまだ上に行きたいと思ってます。もっと頑張るんで、これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録