2019.01.25

 K-1×Krushモバイルで毎週金曜日に更新する「関根勤の部屋」。K-1公式サポーターを務める関根勤さんがK-1・Krushの魅力をたっぷりと語り尽くすこのコーナー。今回は関根さんが「K-1 WORLD GP」12.8(土)大阪大会を振り返ります!

──安保璃紅選手に勝った朝久選手ですね。変幻自在といった感じの戦い方でした。

「(ボクシングで世界最速で3階級制覇を達成した)ワシル・ロマチェンコみたいじゃないですか。手数が多くて多彩で…朝久はキック界のロマチェンコだね!だって安保選手はKrushの元チャンピオンですよ?相当強いですよ?あの安保選手を完全に封じ込めて、最後はダウンを奪って完勝でしょ?いや~、参った!だから今回はそういう新星の輝きも見えたし、山崎選手のようなベテランの頑張りも見えた。勝ち負けはつくものなんだけど、それ以上のものを見せてくれた試合だったと思います」

──評価が落ちるような試合ではなかったですね。

「そう、素晴らしかった!その中で瑠輝也をはじめ新しい世代の選手たちが輝いたし、凄いですよ。大阪大会はスター選手がたくさん出てきたなぁ」

──野杁正明選手も松岡力選手にエグいKO勝ちでした。

「野杁はね…ちょっと怖い(苦笑)。あのKOには恐怖すら感じましたよ」

──松岡選手も強い選手ですが、何事もなかったかのようにKOしてしまいました。

「そう!松岡もけっこう強いですよ? それをあんな倒し方するわけだからね。『K'FESTA.2』ではジョーダン・ピケオーと対戦が決まって、ピケオーは本当に強い相手だけど、今の野杁にとってはすごくやりがいがある相手だと思いますよ。そしてピケオーを倒したら本当のスーパースターになりますよ。

 あとは武居由樹がムエタイ戦士のヨーブアデーン・フェアテックスと対戦して、チャンピオンになって初めて苦戦しましたよね。でも苦戦を苦戦で終わらせないで、最終的には競り勝つところはさすがです。バックステージで会った時に『また勉強し直す』って言ってたし、また古川会長のもとで、鍛えられて成長するでしょうね。でもやっぱりムエタイは奥が深いですね。ヨーブアデーンクラスの強豪はまだ一杯いるでしょ?」

──武尊選手も「K'FESTA.2」では現役ムエタイ王者のヨーキッサダー・ユッタチョンブリーと対戦します。

「これはもう絶対に面白いでしょう!『K'FESTA.2』の話はまた次の機会に語らせてください!」