2018.11.21

子供から大人までプロ顔負けの熱戦が繰り広げられるK-1アマチュア。このコーナーでは毎大会で選出されるMVP、K-1甲子園・全日本大会の展望を完全ガイド!

今回は「第24回 K-1アマチュア~全日本大会予選トーナメント(キッズ・ジュニア)&交流大会」ジュニアBクラス -55kg トーナメント 優勝の黄木仙が登場!

――MVPに選ばれた時の心境はいかがでしたか?
「今まで大会でMVPや賞を取ったことがなかったので、すごくうれしかったです」
――試合そのものを振り返ってもらえますか?
「前回は力が入っちゃったんですけど、前回よりも良い試合ができたと思います」
――トーナメントのためにどんな練習をしてきましたか?
「普段の練習に加えてタイヤをハンマーで戦う練習をやるようになって、それでパワーがついてきました。前回よりもパンチには自信がありました」
――格闘技を始めたきっかけはなんですか?
「お父さんが空手をやっていたので、僕も空手を始めました。またボクシングも好きだったので小学4年生からはボクシングも始めました。今も空手は続けているのですが、ボクシングをメインに練習しています」
――では将来的にはボクシングをやりたいのですか?
「いずれはボクシング一本にしたいんですけど、自分は空手も蹴りも好きなのでK-1やキックの試合にも出たいです」
――好きな選手や目標にしている選手はいますか?
「K-1だったら卜部弘嵩選手です」
――選手としての目標を聞かせてもらえますか?
「まだ今は蹴りありの試合にも出ていきたいでの、またK-1チャレンジに出場したいです」