2018.11.07

子供から大人までプロ顔負けの熱戦が繰り広げられるK-1アマチュア。このコーナーでは毎大会で選出されるMVP、K-1甲子園・全日本大会の展望を完全ガイド!

今回は「第24回 K-1アマチュア?全日本大会予選トーナメント(キッズ・ジュニア)&交流大会」チャレンジBクラス -65kgトーナメント優勝の辻本拳也(八尾高美道院)が登場!

――MVPに選ばれた時の心境はいかがでしたか?
「全試合ダウンをとって優勝したかったのですが、MVPに選ばれてめちゃくちゃうれしいです」
――トーナメントのためにどんな練習をしてきましたか?
「自分は少林寺拳法やMMAをやっていて、キックルールをやるのは初めてだったのですが、ムエタイの先生にキックの基本を教わりました」
――格闘技を始めたきっかけはなんですか?
ずっと少林寺拳法をやっていて、大学時代に「日本拳法をやったり、アマチュアの総合の試合に出ていたんですね。社会人になって格闘技から離れていたのですが、また格闘技に戻るきっかけがあって、格闘技をやろうと思いました」
――MMAではなくて立ち技をやろうと思った理由はなんですか?
「もともと立ち技が好きで魔裟斗さんや山本KIDさんに憧れていました。立ち技で一番の舞台はどこだろうと考えたら、それがK-1だと思うので、K-1チャレンジから挑戦しようと思いました」
――今後の目標を聞かせてもらえますか?
「自分は24歳なんですけど、また上を目指して頑張っていきたいと思います」