2018.10.25

 宮田充K-1プロデューサーが大会のテーマ・総括など、プロデューサーとしての目線で語るコーナー。今回は宮田プロデューサーの「K-1 WORLD GP」9.24(月・休)さいたま大会の一夜明け会見の総括コメントを公開します!

「安保瑠輝也選手と林健太選手は攻防という意味でいくと昨日の大会では一番いい試合で、ベストバウトだったと思う。林選手は気持ちが強い選手で試合を投げる選手ではありません。最後の最後までどちらが勝ってもおかしくない試合でした。そのなかで安保選手がパンチでKOしたというのは素晴らしかったですね。

 郷州征宜選手とスアレック選手の試合はスアレック選手がかなり気合が入っていたようで、ゴリゴリの展開になると思いましたが、スアレック選手がしっかり勝利を収めました。これでK-1では1勝1敗です。さらに強さを磨いてゲーオやゴンナパーのような倒すムエタイを期待したいです」