2018.09.26

子供から大人までプロ顔負けの熱戦が繰り広げられるK-1アマチュア。このコーナーでは毎大会で選出されるMVP、K-1甲子園・全日本大会の展望を完全ガイド!

今回は「第23回K-1アマチュア全日本大会予選トーナメント(チャレンジ・マスターズ)&交流大会」チャレンジAクラス +75kg トーナメント 優勝の三上ヘンリー大智(ボスジムジャパン)が登場!

――トーナメント優勝おめでとうございます。優勝&MVPを獲った時の心境を聞かせてもらえますか?
「自分の中でいい動きができなかったんですけど選ばれてうれしかったです」
――今回の試合に向けて、どんなことを意識して練習してきましたか?
「僕は両利きなんですけど右も左もストレートを真っ直ぐ打てるように。あとは間合いを見切ることを意識して練習してきました」
――格闘技を始めたきっかけを教えてください。
「1年半前にキックを始めたんですけど、もともと剣道をやっていたんですね。で、本当は高校を卒業した時点で(キックを)やりたかったんですけど、顧問の先生の関係で大学でもずっと剣道を続けていました。でもどうしても格闘技をやりたい気持ちを押さえられなくて、大学3年の途中で剣道をやめてキックを始めました」
――どんな選手を目標にしていますか?
「重量級でも狙いすましたカウンターが取れる選手になりたいです。振り回すパンチじゃなくて狙いすましたパンチで勝ちたいです。MMAですけどコナー・マクレガーがカウンターのお手本かなと思います」
――今後の目標を教えてください。
「来年のプロデビューを目指して頑張ります」