2018.05.25

 K-1×Krushモバイルで毎週金曜日に更新する「関根勤の部屋」。K-1公式サポーターを務める関根勤さんがK-1・Krushの魅力をたっぷりと語り尽くすこのコーナー。今回は関根さんが「K-1 WORLD GP」6.17(日)さいたま大会の見所を語ります!

「あえて決勝戦のカードを予想するなら……右側のブロックは、一応、西京(春馬)選手にしときましょう。左側は……うーん……村越(優汰)選手がエリアス・マムーディに苦戦するという前提で、決勝まで勝ち上がってくるのは、小澤(海斗)選手かな。だから決勝は小澤vs西京かな。そこで、小澤選手がどうするか。

 トーナメントの決め手は、『どうダメージを避けてきたか』だと思うんですよ。そこが読めないですけど、決勝がこのカードになったとしたら、小澤選手がどれだけ西京選手を研究してきたかで、結果が変わってくると思いますね。前2回の試合とは小澤選手も練習環境が違うようなので、そこもポイントですね。

 何しろ小澤選手は、西京選手に2回負けて王座からも陥落して、今回の出場選手の中では、心の中に点している火の激しさでは一番でしょう。“悔しさ貯金”は彼が一番。そういうタイミングでこのトーナメントが開催されるという点でも、何だかんだ、彼は“持ってる”なと思います」

<4>に続く