2018.04.25

子供から大人までプロ顔負けの熱戦が繰り広げられるK-1アマチュア。このコーナーでは毎大会で選出されるMVP、K-1甲子園・全日本大会の展望を完全ガイド!

今回は「第21回K-1アマチュア~全日本大会予選トーナメント(キッズ・ジュニア)&交流大会~」ジュニアBクラス優勝の井上大斗(若獅子会館東住吉支部)が登場!

――MVPに選ばれたのは今回で通算2度目ですが、今はどんな心境ですか?
2回も選ばれるとは思ってなかったんですけど、今日のために減量を頑張ってきたし、50kgでやるのも今回が最後だと思っていたので、自分の力を発揮できてよかったです。
――今回のトーナメントに向けて力を入れて練習してきたことはありますか?
パンチの打ち合いですね。今まで打ち合いで負けることが多かったので、パンチを強化してきました。あとはヒザ蹴りですね。胴当てをしていても効かせられるヒザ蹴りを練習してきました。
――次は全日本大会になりますが、全日本大会への意気込みを聞かせてもらえますか?
「前回は予選で足を怪我してしまって本戦(全日本大会)に出れなかったんですね。予選で優勝してMVPも獲れたのに本戦に出られなかったのは本当に悔しかったです。今回は怪我もないので、全日本大会優勝に向けて準備していきます」
――ではこれからの目標を聞かせてください。
「今日、会場に武居由樹選手のチャンピオンバナーを見かけて、自分もああいう風になりたいと思いました。これから全日本大会で戦績を積んでプロデビューして、いずれはK-1のチャンピオンになりたいです」

 

選手登録