2018.03.21

子供から大人までプロ顔負けの熱戦が繰り広げられるK-1アマチュア。このコーナーでは毎大会で選出されるMVP、K-1甲子園・全日本大会の展望を完全ガイド!

今回は[第20回K-1アマチュア~全日本大会予選トーナメント(チャレンジ・マスターズ)&交流大会~]優勝の遠藤直人(クローバージム)が登場!

──今日MVPに選ばれた心境はどうですか?

「凄く嬉しいです。最後に逆転出来たんでもらっても良いかなって思っちゃいました(笑)」

──今回のトーナメントに向けて意識して取り組んできた練習はどんなことがありますか?

「中々今まで攻めるキックボクシングが出来なかったんで、トレーナーともガンガン前に攻めていこうと約束をしながらやって、晴れて優勝することが出来たと思います」

──今日の試合自体を振り返ってみていかがでしたか?

「今日は先程のお話し通り、ガンガンいけたというのはあったんですけど、決勝で1回ダウンを取られてしまって。ちょっと焦ってしまったんですが、最後に取り返すことが出来たんでほっとしているってところです」

──では本当に練習してきたことが出せたと。

「はい、そうトレーナーから褒められました」

──格闘技を始めたのは何がきっかけだったんですか?

「僕は始めたのが35歳とかけっこう年取ってからだったんですね。ちょっとダイエットしたいなと思って始めて、そこからやっているうちにどんどん試合に出てみたいなと思うようになりました」

──それまでは何かスポーツをやられていたのですか?

「これといってはやってないんですけど、まあ高校時代に陸上をやってたぐらいです」

──では本当に運動不足解消みたいな感じで始めたのですね。

「そんな感じです」

──格闘技自体は好きだったんですか?

「やりたいなとは思ってたんですけど、けっこう近くにそういったジムがなくて。大人になった時にたまたま地元に出来たから行ってみたって感じですね」

──アマチュアの大会はK-1以外にもけっこう出られてるのですか?

「前回の予選トーナメントにも-65kgで出て一応優勝してるんですね。MVPは取れなかったですけど。それで12月はベルト獲れなかったんで、再度チャレンジに出場しました」

──これからの格闘技をやっていく上での目標とか自分で決めていることはありますか?

「年齢が年齢なんで自分より年下の人間とどんどんやっていくと思うんですけど、負けないように頑張っていきたいなと思います」

──好きな選手は目標にしている選手はいるんですか?

「別にこれといってはいないんですけど、自分のスタイルを確立したいなと思っています」

──こういうK-1チャレンジのような大会があることは格闘技をやる上でモチベーションになっていますか?

「凄く上がります。しかもこうやってマスターズっていう形で、同じ年代で競えるというのは凄く自分にとってはプラスになってるんで。頑張ろうという気持ちになります」

 

選手登録