2021.11.22

 2022年1月26日に開催が決まったK-1 JAPAN GROUPの年間表彰式「K-1 AWARDS 2021」。その特別企画として歴代受賞者たちにインタビュー。今回はK-1 AWARDS 2018・2020に山崎秀晃との対戦で2度のベストバウトを受賞した安保瑠輝也が登場します。

「(K-1大阪大会では2度の山崎戦でベストバウトを受賞しているが?)山崎選手とは大阪大会で2回試合していて、どちらもベストバウトをもらっているんですけど、KOで勝ってKOで負けて。よくも悪くもK-1大阪=“すごい盛り上げた場所”っていう感じですね。

(大阪は激闘を生む場所?)大阪というか山崎選手が強かったからだと思いますね。場所がどこやからどうという思い入れはないです。ぶっちゃけ12月の試合(vs海斗)は山崎選手と比べると格もレベルも落ちると思うし、今回に関して(ベストバウト)はないと思います(苦笑)(大阪に限らず毎回印象的な試合をするが、そこは意識している?)全然意識してないし、人のことは考えてないです。自分がやってきたことを試合で出す。それを一番自分に言い聞かせているだけだし、試合になったらそれでしかないです。

 昔は来てくれた人を盛り上げるとか考えてましたけど、今そんなのはもう二の次で、自分のことしか考えてないです。でもそれで結果的に盛り上がっているんだったらいいのかなと思うし、それを見ている人たちに評価されるのはうれしいですよね。これからも自分は自分のことを第一に戦っていきます。それをファンや関係者の人たちにどう見てもらえるか?だと思いますね」

 

選手登録