2021.08.29

 8月29日(日)東京・GENスポーツパレスにて「K-1カレッジ2021~大学生日本一決定トーナメント~」が開催された。

 5年目を迎えた「K-1カレッジ」は「K-1甲子園」と同様に、「K-1甲子園2021」&「K-1カレッジ2021」応援サポーターにタレントの川口葵さん、「K-1甲子園2021」&「K-1カレッジ2021」PR大使にK-1甲子園2020-55kg王者・野田蒼が就任し、大会を盛り上げた。

 -55kg決勝は、Krushで活躍中している内田晶の実弟・竜斗が奥野淳之介と激突した。2試合連続でKO勝ちを収めて決勝へ勝ち上がってきた奥野に対して、内田はワンツーからローキックで試合を組み立て、判定3-0で勝利。好勝負が多かったトーナメントを制した。

 -60kgは中村友河と安晟太が決勝で対戦した。14名参加のトーナメントらしく決勝も接戦となり、前半は中村が積極的に攻めていくものの、中盤から後半に入ると安が猛攻を仕掛けて3-0で押し切った。

 -65kgは、切詰大貴と鈴木一晴が決勝へ進出。切詰は、前回大会で決勝へ進んだものの優勝を逃してしまった。今大会で悲願の優勝を目指した切詰は、鈴木の右ローキック、パンチ連打をブロックしながら的確に右フックを当てていき判定3-0で栄冠を掴んだ。各階級の優勝者は以下の通り。

K-1カレッジ2021 -55kg優勝
内田竜斗(東北文化学園大学4年)
「K-1カレッジで初めて結果を出すことができて一安心し、ホッとしました。これで驕らずに、K-1の60kg級を兄(内田晶)とともに、東北の魂を見せていきたいと思います」

K-1カレッジ2021 -60kg優勝
安晟太(中央大学3年)
「昨年、準決勝で負けてしまって、練習をしっかりとして結果を出すことができました。でも、ここからがスタートです。しっかりと練習して、チャンピオンを目指していきます」

K-1カレッジ2021 -65kg優勝
切詰大貴(香川大学2年)
「昨年、準優勝に終わり、減量もしっかりして臨みました。お世話になった方々、応援してくれた方々のおかげで、優勝することができました。今後は医者になる予定ですが、格闘技でもトップを獲りたいです」

 

選手登録