2021.07.12

 7月11日(日)東京・GENスポーツパレスにて「K-1甲子園2021~東日本予選トーナメント~」が開催された。

 昨年は大会スケジュールの変更により、1日で優勝者を決めるワンデートーナメント形式で行われたK-1甲子園だが、今年はそれまでと同じく東日本・西日本の両地区で予選トーナメントを実施。予選トーナメントの成績優秀者が決勝大会に進出し、日本一の座を争う形となった。

 6月の西日本予選に続いて、この日は東日本予選として-55kg・-60kg・-65kgの3階級でトーナメントが行われ、K-1甲子園2021・K-1カレッジ2021応援サポーターの川口葵さん、PR大使の野田蒼がリングサイドで見守る中、8月29日(日)に行われる決勝大会(東京・GENスポーツパレス)への出場権をかけてプロ顔負けのハイレベルな試合が続出した。

 17選手が参加し、最激戦区となった-55kgでは大久保琉唯と齊藤龍之介が決勝進出。K-1アマチュアを含め数々のアマチュア大会で実績を残す大久保vsプロでの試合経験を持つ齊藤の一戦は、互いに一歩も譲らない技術戦となり、明確な差がないまま試合終了。判定は2-1で大久保に軍配が上がり、接戦を制した大久保が優勝を決めた。

 13選手が出場した-60kgにはK-1・Krushで活躍する横山兄弟(巧&朋哉)の弟・横山晏輝が参戦。一回戦をKOで突破すると、そのまま決勝まで勝ち進む。逆ブロックからはK-1アマチュアでキャリアを重ねる菅誠真が勝ち上がり、横山と菅が決勝で対戦。-55kg同様にこの試合も接戦となり、最後は菅が横山を振り切って優勝を果たした。

 -65kg決勝では栗田賢吾と佐藤翔太と対戦。185㎝の長身を誇る佐藤を栗田がアグレッシブに攻め立て、判定3-0で勝利を収めた。各階級の成績優秀者は以下の通り。

◇K-1甲子園2021 東日本予選トーナメント-55kg
優勝 大久保琉唯(栃木/栃木県立宇都宮北高校/2年)
準優勝 齊藤龍之介(茨城/茨城県立下妻第二高校/2年)
3位 乙津陸(東京/東京都立秋留台高校/2年)
    長野翔(東京/第一学院高校/2年)

◇K-1甲子園2021 東日本予選トーナメント-60kg
優勝 菅 誠真(東京/東京都足立高校/1年)
準優勝 横山晏輝(群馬/群馬県立新田暁高校/2年)
3位 加藤蓮(埼玉/埼玉県立岩槻北陸高校/3年)
    宮本那月(神奈川/神奈川県立生田東高校/2年)
◇K-1甲子園2021 東日本予選トーナメント-65kg
優勝 栗田賢吾(栃木/栃木県立那須清峰高校/3年)

 

選手登録