2021.06.02

 K-1実行委員会は都内にて記者会見を開き、今年開催される「K-1甲子園2021」&「K-1カレッジ2021」のPR大使に、K-1甲子園2020-55kg王者・野田蒼が就任することを発表した。

 K-1の夏の風物詩となりつつある「K-1甲子園2021~高校生日本一決定トーナメント~」&「K-1カレッジ2021~大学生日本一決定トーナメント~」に今年もPR大使が就任。野田は昨年のK-1甲子園王者で、先日のK-1横浜大会ではK-1バンタム級日本最強決定トーナメントに出場し、プロのリングで活躍している。

 会見で「K-1甲子園は本当にレベルが高い大会で、プロでも勝つことが難しいと言われています。K-1甲子園・カレッジで優勝して1~2年後にはトップにからめる選手が出てくると思うので楽しみです」と抱負を語った野田。前述のバンタム級日本最強トーナメントは野田だけでなく、K-1甲子園出身者として黒田斗真、壬生狼一輝、大村修輝、K-1カレッジの歴代王者として松本日向、池田幸司が出場。まさにK-1甲子園・カレッジはトップ・プロに直結する大会になっている。

 野田も「(甲子園・カレッジは)1日に何試合もやらなければいけないので、強さだけじゃ勝てない部分がある。運やトーナメントへの想いが大事で、そこも見て欲しい。(注目ポイントは?)一回戦からどの試合もレベルが高いし、個人的には同じ階級が楽しみです。-60kg・-65kgもレベルが高いと思うし、決勝戦はK-1で組まれてもおかしくないレベルの試合になると思います」とK-1甲子園・カレッジの見どころを語った。

 今年のK-1甲子園・カレッジはタレントの川口葵さんが応援サポーターに就任(5月18日の会見で発表済み)。川口さん&野田の2人がリング外からK-1甲子園&カレッジを盛り上げる!

 

選手登録