2019.08.05

 8月4日(日)東京・GENスポーツパレスにて「K-1カレッジ2019~大学生日本一決定トーナメント~」が開催された。

「K-1カレッジ」は2016年からスタートした大学生日本一を決めるトーナメント。これまでは予選トーナメントを行い、決勝に進出した2選手がワンマッチ形式で決勝を戦うというシステムだったが、今年はワンデートーナメントで日本一の座が争われた。

 全10選手エントリーした-55kgを制したのは池田幸司。AbemaTV「格闘代理戦争」にピーター・アーツ率いるピーターズの一員として参加した経歴を持つ池田は準々決勝から登場。安定感のある試合運びで勝ち進むと、決勝で梯真輝を判定で下して優勝を決めた。

 -60kgはパンチを武器に勝ち上がった豊田優輝と滝澤直樹が決勝で激突。決勝でも激しい打ち合いを繰り広げる両者だったが、的確に左ストレートを当て続けた豊田が勝利を掴んだ。

 -65kgではトーナメント出場選手中、最も小柄な164㎝の那須梨緒弥が躍動。鋭い出入りとパンチのコンビネーションで勝ち進み、決勝でも羽鳥仁に強烈なパンチをヒットさせ、大学生日本一の栄光を掴んだ。各階級の優勝者は以下の通り。

K-1カレッジ2019 -55kg優勝
池田幸司(日本大学4年)

K-1カレッジ2019 -60kg優勝
豊田優輝(名古屋医健スポーツ専門学校2年)

K-1カレッジ2019 -65kg優勝
那須梨緒弥(大阪社会体育専門学校2年)