2019.08.05

 8月4日(日)東京・GENスポーツパレスにて「ガスワンPresents K-1甲子園2019~高校生日本一決定トーナメント~」が開催された。

 2014年からK-1実行委員会のもとで開催されている「K-1甲子園」。今年は昨年に引き続き、ガスワンブランドの「株式会社サイサン」が冠協賛として大会をサポートし「ガスワンPresents K-1甲子園2019 ~高校生日本一決定トーナメント~」として行われた。

 今年は新たな試みとして東日本・西日本の両地区で予選トーナメント(-55kg・-60kg・-65kg)を実施。予選トーナメントの成績優秀者が決勝大会に進出し、ワンデートーナメントで日本一の座を争った。

 そしてK-1甲子園初代応援サポーターに“日本一かわいい女子高生”福田愛依さん、東日本・西日本それぞれのPR大使に西京佑馬(東日本)と近藤魁成(西日本)の歴代甲子園王者が就任し、大会を盛り上げた。

 -55kgでは東日本予選トーナメント優勝者の玉川らいと、西日本予選トーナメント優勝者の帆士紫苑がどちらも準々決勝で敗退という波乱の展開。決勝にはともに高校3年生の山脇飛翼と笠見瑠伊が勝ち上がると、ヒザ蹴りを主体に攻める山脇vsパンチで前に出る笠見という図式で一進一退の攻防が続く。

 試合は本戦で決着がつかず、延長戦へ。本戦終了時に左目が腫れていた笠見にドクターチェックが入り、ドクターは試合続行不可能と判断。ドクターストップという形で山脇がトーナメント優勝を成し遂げた。

 -60kgは西日本勢が大躍進し、ベスト4をすべて西日本勢(児玉兼慎、井上大斗、古宮晴、石田龍大)が占める。決勝は井上vs石田という西日本予選トーナメントの決勝と同一カードになり、この日もお互いに一歩もひかない展開が続き、延長判定2-1で辛くも石田が勝利をもぎとった。

 -65kgは昨年準優勝の大庭龍華とAbemaTV「格闘代理戦争」に出場した森優翔が決勝で激突。激しい打ち合いの末に大庭が勝利し、昨年の雪辱を果たした。各階級の優勝者は以下の通り。

ガスワン Presents K-1甲子園2019 -55kg優勝
山脇飛翼(布施北高校3年)

ガスワン Presents K-1甲子園2019 -60kg優勝
石田龍大(美原高校2年)

ガスワン Presents K-1甲子園2019 -65kg優勝
大庭龍華(一橋高校1年)