2018.04.09

 4月8日(日)東京・GENスポーツパレスにて「第21回K-1アマチュア~全日本大会予選トーナメント(キッズ・ジュニア)&交流大会~」が開催された。

 今大会では3月に大会に続き、6月の全日本大会に向けた予選トーナメントを開催。今回はキッズ(小学生)・ジュニア(中学生)の部で全日本大会出場をかけた熱い試合が続出した。毎大会K-1アマチュアには数多くのキッズ・ジュニア選手が参加しているが、全日本大会の予選トーナメントということもあり、キッズ・ジュニアの部を合わせて50名以上の選手たちがトーナメントにエントリーした。

 トーナメントの表彰式にはK-1甲子園2014王者で、「K'FESTA.1」3.21さいたま大会でゲーオ・ウィラサクレックにKO勝利した平本蓮がプレゼンターとして登場。「今日の試合を見ていて、昔の自分を思い出しました。昔と言っても僕にとってはつい最近のことですし、今K-1アマチュアで活躍している選手たちが遠くない未来にK-1のリングに出てくることになると思います」とキッズ・ジュニア選手たちに期待を寄せた。

 またこの日の午後に行われたチャレンジ(一般)・マスターズ(40歳以上)の部の表彰式には第2代K-1ライト級王者・卜部功也がプレゼンターとして参加し「みんなハートが強いので熱い試合や打ち合いが多かったと思います。打ち合うだけでなく、ディフェンスも磨くと、みんなより良くなると思います」と“アンタッチャブル”らしいアドバイスを送った。各階級の優勝者&MVPは以下の通り。

<キッズBクラス 小学生1~3年生軽量級 トーナメント>
優勝 秋山虎士郎(POWER OF DREAM)
準優勝 松原志隆(TSKjapan)

<キッズBクラス 小学生1~3年生中量級 トーナメント>
優勝 谷冨正宗(石島道場)
準優勝 大江壱矢(韓道場)

<キッズBクラス 小学生1~3年生重量級 トーナメント>
優勝 岩本侑樹(極真拳武會さいたま中央支部)
準優勝 藤﨑空翔(龍明塾)

<キッズBクラス 小学生4~6年生軽量級 トーナメント>
優勝 平野拳心(極真拳武會 城南世田谷支部二子玉川道場)
準優勝 岡部泰己(健成会)

<キッズBクラス 小学生4~6年生中量級 トーナメント>
優勝 坂東龍之介(韓道場)
準優勝 古田瑛士(TEAM TRY-EX)

<ジュニアBクラス -50kg トーナメント>
優勝 井上大斗(若獅子会館東住吉支部)
準優勝 西山朝登(晴山塾)

<チャレンジAクラス-55kgトーナメント>
優勝 玉川らいと(晴山塾)
準優勝 石橋凌(KSG)

<チャレンジAクラス-60kgトーナメント>
優勝 成尾拓輝(究道会館)
準優勝 山地和(K-1ジム総本部)

<チャレンジAクラス-65kgトーナメント>
優勝 寺島輝(TANG TANG FIGHT CLUB)
準優勝 小林啓吾(龍拳會 青葉台支部)

<チャレンジAクラス-70kgトーナメント>
優勝 山浦迅也(北斗会館 浅科支部)
準優勝 吉田達郎(SMK)

<チャレンジBクラス-55kgトーナメント>
優勝 川上瑞貴(K-1ジムシルバーウルフ)
準優勝 浅井麗斗(K-1ジムEBISU)

<チャレンジBクラス-60kgトーナメント>
優勝 小池修平(FIGHT CLUB 428)
準優勝 堀田寿海(K-1ジム総本部)

<チャレンジBクラス-65kgトーナメント>
優勝 田中志龍(K-1ジムシルバーウルフ)
準優勝 塚田幹太(石島道場)

<チャレンジ女子 Bクラス -55kgトーナメント>
優勝 延谷美智子(K-1ジム総本部)
準優勝 石橋由佳子(相模原バーン)

<MVP>
玉川らいと(チャレンジAクラス)
浅井麗斗(チャレンジBクラス)
坂東龍之介(キッズBクラス)
井上大斗(ジュニアBクラス)