2017.10.23

 10月22日(日)東京・GENスポーツパレスで「第19回K-1アマチュア~全日本大会予選トーナメント(キッズ・ジュニア)&交流大会~」が開催され、初代K-1フェザー級王者・武尊と城戸康裕が挨拶に立った。

 武尊と城戸はK-1 JAPAN GROUPが全面協力した映画「リングサイド・ストーリー」のPRとして登場。K-1チャンピオンの和希役として映画に出演している武尊は「映画出演のために演技のレッスンにも通って大変でした」と打ち明け「現場では自分が一番演技ができなくて、格闘技では感じることがない劣等感があって…僕は負けず嫌いなんで悔しかったです(笑)。自分のセリフと同じようなセリフを言っている映画を見て勉強しました」と撮影の裏話を明かす一幕も。

 同じく同映画に出演し、PR大使も務める城戸は集まったファンに「K-1の世界観や裏側を盛り込んだ映画なので、みなさんも親近感が沸く作品だと思うので是非見てください!」とメッセージを送った。